カビが身体に与える影響とは?

2020年8月8日

こんにちは!いつもお世話になっております、おそうじ本舗高知南国店です


今回はエアコン内部や浴室などでとくに目立つカビの事について書かせていただこうと思います。


カビには体にとっていいものから害を与えるものなど何種類もあります。

ヨーグルトやチーズ、醤油などの食品に必要なカビはいいのですが、

黒カビ、青カビ、赤カビ、ススカビなどのカビは人体に影響を及ぼします。 写真※閲覧注意
IMG_2396-e1557455674746
DSC_0813
washing_before_B
カビの胞子が体内に入ることで気管支喘息や鼻炎などのアレルギー症状が現れる場合があります。

呼吸器の疾患である「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」はカビが原因で起きるもので、「アスペルギルス」とはカビの一種です。
気管支喘息を患っている方がかかりやすい疾患で、症状が進行すると息切れ、呼吸困難が常に起こるようになります。

また、エアコンクリーニングのご予約をいただいたお客様方からお聞きすることがあるのは
「エアコンをつけるとくしゃみが出る」や「体が痒くなる」「夏になると咳やくしゃみが出る」などこういった症状はカビが原因だったりということもあります。

カビを吸ってしまうことで体調を崩し、精神的にも影響を与えてしまう場合もあります。


カビはそのままにして置いて害はあってもいいことはありません!

ため込まずに早い段階で取り除くことをお勧めいたします。

体力や免疫力の低い小さなお子様やご高齢者様は特に影響を受けやすいので十分注意してください。(ペットも同様)

また、カビの予防をする事も大切になってきますので、ご家族のお身体、ご自身のお身体を守る為にも換気やおそうじはこまめに行いましょう。



IMG_2408-e1557456186207
DSC_0815
washing_after_B
おそうじ本舗高知南国店では、様々なハウスクリーニングなどのご相談を承っておりますのでお気軽にご連絡ください。







お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る